農業への人工知能の導入は、農作物の品質や流通の効率化が図れ、様々なコスト削減につながる。例えば、圃場に設置した気象センサーのデータから、自動的に病害の発生リスクを予測して、事前に対策を打つことが可能になる。また、トラクターやドローンに取り付けられたカメラでとった写真や動画を瞬時に解析し、ピンポイントで除草や施肥を行うことが可能になる。このサイトでは、農業に関する人工知能を中心に紹介する。