土壌圏は大気圏・生物圏・水圏・岩石圏との間で作用と反作用で生態系の一部を形成する

土壌の役割と機能

土壌圏は大気圏、生物圏、水圏および岩石圏との間で作用と反作用で生態系の一部を形成している。

土壌の役割

  • 土壌の基本的な役割
    1. 生産者の土台
    2. 分解者の土台
    3. 大気組成の恒常性の維持(炭素貯蔵、窒素循環など)
    4. 海洋生態系の保全(水圏への鉄イオンなどの溶出など)
  • 食糧生産
  • 生物多様性(土壌微生物による植物生育促進や汚染浄化作用など)

土壌の機能

  • 生産機能
    植物に水と養分を提供する機能。
  • 保水機能
    土壌粒子間の孔隙に水分が保持される。
  • 分解浄化機能
    有機物や化学物質を分解し、浄化する機能。