土壌に対して粗大有機物の破砕や土壌の攪拌などの作用を及ぼす

土壌動物

ミミズ、ダンゴムシやトビムシなどは土壌の中で生息している動物は、土壌動物と呼ばれている。土壌動物は、土壌中に含まれている粗大有機物の破砕したり、土壌を攪拌したりして、土壌生成と肥沃度の向上に貢献している。例えば、ミミズは、植物遺体と土壌を同時に摂食し、破砕し、鉱物粒子と混合し糞塊とよばれる粒子を地中や地表に排出して、土壌肥沃度の向上に貢献している。

小型(0.2mm以下)アメーバ、鞭毛虫、繊毛虫、ワムシ類
中型(0.2~2mm)トビムシ、ダニ、線虫
大型(2~20mm)アリ、クモ、ダンゴムシ、ムカデ
巨型(20mm以上)モグラ、蛇、ミミズ