生物の機能を利用して汚染された土壌や地下水を浄化する

バイオレディエーション

バイオレディエーション(bioremediation)は、生物の機能を利用して汚染された土壌や地下水を浄化することである。汚染場所に生息する土着微生物を活性化させて、汚染物質を分解させるバイオスティミュレーションと、汚染場所に汚染物質を分解できるような微生物を新たに導入するバイオオーギュメテーションがある。いずれの場合も、微生物の繁殖・活動するための窒素、リンや酸素などを与える必要ある。

バイオレメディエーションを行う場所によって in situex situ がある。汚染土壌や汚染地下水をその場で浄化処理を行うのが in situ である。汚染土壌あるいは汚染地下水を別の場所に運搬してから浄化を行うのが、ex situ である。